遊び!

高尾山で日帰り登山☆~吊り橋を渡るコースでじっくり登山を楽しもう~

さわやか高尾山。

こんにちは、ジブアシです。都会から1時間の楽園、真夏の高尾山に行ってきました。この暑いのに山登り? って思った人、チッチッチ、あまーい。高尾山は標高599m。体力のない人がゆっくりと登っても2時間もあれば山頂につけるし、もっとお手軽に行きたいならケーブルカーを使えば50分で山頂まで着けちゃいます。そして駅にはスーパー銭湯が併設されてるから、山で汗をかいた後はお風呂に入れる!これ、めっちゃ嬉しいでしょう。

そしてなにより、夏の緑の匂いを感じながらの山登りは超絶気持ちいい!

標高が高くなるごとに気温も少しづつ下がっていくから、汗をかいた肌に山の涼気が心地よく通り過ぎます。だから頑張って歩いて山頂に着くころには「あー気持ちいい!」って絶対思ってるよ。

そして流石ミシュラン三ツ星。しっかり観光地として整備されてて山頂はもちろん、道中にも食事やかき氷を楽しめるお茶屋さんが充実。高尾山薬王院も見ごたえがって、観光気分で気軽に行けつつ自然もしっかり満喫できる、東京から日帰りで夏を楽しむには絶好のスポットです。

高尾山口駅。程よい込み具合。記念写真を撮るおっちゃんの後ろから撮影。

今回は京王線で高尾山口に到着。高尾山口行きの京王線準特急で、新宿から乗換えなしで54分。そんで料金は片道381円。早くて安い。新宿から京王八王子域に乗ると北野駅で乗換えが必要になるから注意してね。

あと中央線でも行けるんだけど、時間が変わらないのに料金は674円と高くなるから、京王線で行くのがいいよ。

赤いルートを登ります。

そして今回紹介するルートはコレ!登山道の1号路をぐんぐん歩き、浄心門で4号路に入って吊り橋(みやま橋)を渡って山頂に行くコースです。

さっそく山道に入ります。ここからしばらくトイレがないので、トイレは事前に行っておくといいですよ。

ヤマユリが咲いてました。匂いが濃い。

山道に入ればすぐに緑の匂いがさわやかに漂ってます。木に囲まれてるから陽射しはそれほど気になりません。もうすでに気持ちいい。

なんかありがたそうなものが途中にありました。なんだろ?

石碑の横に説明書きがありました。「懺悔、懺悔、六根清浄」と唱えながら真ん中の輪を廻せとのこと。六根清浄ってなに?

六根とは、眼・耳・鼻・舌・身・意のこと。
六根は人間の認識の根幹である。それが我欲などの執着にまみれていては、正しい道を往くことはかなわない。そのため執着を断ち、心を清らかな状態にすることを言う。そのため不浄なものを見ない、聞かない、嗅がない、味わわない、触れない、感じないために俗世との接触を絶つこと。 -Wikipediaより-

ということみたいです。身は感触、意は心だね。六根清浄は「ろっこんしょうじょう」と読むみたいです。俺、「ろっこんせいじょう」って言いながら廻してたよ!

六根が清らかになることを高尾山に祈りながら輪を廻しましょう、ってことみたいです。一生懸命廻してきましたが、少しでも俺清らかになっているのか・・・。祈りましょう。

ここから少し登りがきつくなっていきます。

金毘羅台園地

六根清浄から15分ぐらいで、最初の休憩スポット、金毘羅台園地に着きます。スタートから30分くらいかな。ここにはベンチもあって展望もいいので、少し休憩していきましょう。

金毘羅台園地からの景色。きれい。

少し休んだら山登り再開です。

気持ちいい道。

このあたりから体感できるくらい気温が下がってきて、山の空気が本当に気持ちいいです。道もなだらかで、テンション上がってきます。ここから次の休憩スポットまでは20分ぐらい。頑張れ!

レトロかわいい。

ふいー。しばらく行くとリフト乗り場の山上駅に着きます。ここが第二の休憩スポット。トイレも自動販売機もあるので、トイレを我慢してた人はここでトイレに行きましょう。飲み物がなくなっちゃった人はここで買ってもいいけど、もう少し行くと水が飲める場所がありますよ。

ここから少し登ると別れ道の看板が出てきます。さる園・野草園・薬王院・山頂の方に進みましょう。

しばらく行くとケーブルカーの発着所、高尾山駅に着きます。ここに水飲み場があるので、じゃぶじゃぶ顔を洗って、飲み物がなくなっちゃった人は補給です。ちなみに湧き水じゃなくて水道水。ちょっと残念。

ここから一気に観光地化していきます。ここには有名な高尾山ビアマウントがありますが、今回は目的じゃないのでスルーです。行く場合は13時から営業ですが、いつも混んでるので並べずに入れたらラッキー!HPはこちらです。→高尾山ビアマウント

天狗焼き

ここで高尾山の新?名物「天狗焼き」が食べられます。1個140円。

コレ、見た目だけだと「どうせ中身は大判焼きと一緒でしょ?」って思うでしょ? 違うんすよ!確かにあんこなんだけど大粒の豆がゴロッゴロ入ってるの!皮は厚めでもちもちしてて、あんこは程よく甘くて、うまい!ここまできたら絶対1個は食べて帰ることをオススメします!10個とか買っておみやげにしてるおばちゃんいたからね!マジオススメ!

ケーブルカー駅を少し進むとさる園が見えてきます。入園料は大人420円、子供210円。さる園のすぐ先に根が蛸のように別れている蛸杉があります。

蛸杉

樹齢450年。立派です。開運祈願の霊木とのことですが、人が触ると木によくないということで、開運を願う人は隣にある蛸の石碑をなでましょう。

山に蛸。違和感・・・。

この蛸、昭和37年に水産業者の方が蛸供養を高尾山に頼んだことがきっかけで作られたそうです。なっとく。

蛸杉には由来があって、薬王院をたてる時、この杉が邪魔で切ろうとしていることを聞いた杉が、一晩でその根をニョロニョロと巻いて工事の邪魔にならないようにした、とういうことから開運祈願の樹と祀られるようになったそうです。さすが霊山、高尾山の杉。すげえ。

蛸杉を少し歩くと、薬王院へ続く浄心門が出てきます。しかし今回はここがポイント。門は通らず、右手にある4号路への脇道を行きます。

脇道は人とすれ違うのがやっとぐらいの狭い山道です。観光気分を抜けて、山歩きの感覚でGO。

かっこいい倒木。

登りたくなる倒木がありました。かっこいい・・・。でももちろん登りません。下は斜面だから危ないよ!

吊り橋(みやま橋)

わーい!やっとついた!

橋は30mくらいかな? 歩くとすこし揺れるぐらいで、そんなに怖くありません。

さあ!ここまで来たらあとは山頂を目指して歩くだけです!道もそんなに急じゃないので、ガンガン登っていきましょう!スタート地点からここまで、休憩も挟みながら1時間20分くらい。あと30分も歩けば山頂です!

しばらく行くと今歩いてる4号路をそのまま行くか、いろはの森コースに行くかの分かれ道が出てきます。どっちも最初に登ってきた1号路に合流しますが、今回はいろはの森コースを選びました。

いろはの森コース、階段がキツイ・・・。

でも!

この階段を登り切り、1号路に合流すれば山頂はすぐそこです!頑張れ!

そして・・・、

ついたーーーー!!!

やー、高尾山山頂!たどり着きました!ここまでかなりゆっくり来て2時間弱ぐらい。そして山頂に着いたらまず何をするかというと・・・、

ビール大ジョッキ800円。

ビール!

冷たいしめじそば850円。おいしい。

そしてメシ!

いやー、どっちもおいしかった!ビールは中ジョッキで700円、大ジョッキで800円。みんな大をゴクゴクと飲んでましたよ笑。そしてさすがミシュラン三ツ星の観光地。山頂のメシなんで味は期待していなかったんですが、しっかりうまい!そばは太めで歯ごたえがあり、シメジもいい感じに味が染みててうまし。山の上でこんなうまいもの食べられると思わなかった。満足。そして腹にもたまります。

すいません、お店の名前を忘れちゃったんですが、山頂にある茶屋の並びの一番端、展望場所寄りのお店です。おいしかった!

山頂からの景色。さわやか。

そして腹も喉も満たされてから、やっと山頂の景色を眺めます。普通そっちが先だろう。ぜんぜん六根清浄されていない笑 さっきのお店はこの展望所寄りだよ!

さあ!一息ついたら今度は下りです。上りとは違って、薬王院を行くコースから帰ります。もう後はゆっくり下るだけです。お寺と参道のコースなので、気楽にGO。

薬王寺の天狗様。かっこいい・・・。

すぐ薬王寺の敷地に入るので、天狗様を拝みつつおみくじを引いたり(大吉でした)。

参拝しながら下っていきます。ぐぅ、楽しい・・・。

で、あとは道順に下っていって20~30分もあればケーブルカーの駅に着きます。元気があれば下りも山道を行ってもいいんですが、ここが高尾山のいいところ。下りは楽してケーブルカーに乗っちゃいましょう。

だかがしかし!

ケーブルカーに乗ってもいいんですが、俺のオススメはリフトに乗って帰ることです!最初にトイレ休憩したところですね。

ココ!

ケーブルカーの駅から5分下るだけで着けるので、断然リフトがオススメです!なぜなら・・・、

やっほーい!この乗り心地です!楽しい!

今はケーブルカーが主力になっているようでそっちは混んでるし発車時間まで待たないといけないですが、リフト乗り場は待ち時間なしですぐ乗れます。そして楽しい。絶対こっちのがオススメ。料金はどちらも変わらず、片道480円です。

そしてリフトに12分乗ったら下山完了です。いやー楽しかった!

高尾山温泉 極楽湯

下山したころにはいい感じに疲れて汗もダクダク。何はともあれ温泉で汗を流しましょう!

入館料1000円。高尾の山並みが見上げられる露天風呂あり、しっとり疲れの取れるサウナあり、ここ、混んでるけど本当にいい温泉です。もちろん天然温泉。HPはこちらです→高尾山温泉 極楽湯

温泉については別でしっかり書きますね。サウナ―として笑。

さあ、風呂でさっぱりしたらフードコーナーで食事を取るもよし、表に出て麓の参道をぶらぶらするもよし。

俺のオススメは外に出て駅の売店でビールを買って、参道ぶらぶらコースです。山登りが終わった後だからゆっくりおみやげも見られます。道沿いには川が流れていて、川原にも降りられますよ。小さな子供がいる家族連れがたくさん川で遊んでました。

そんな感じで高尾山やま登り観光終了ー。朝10時について、山登ってゴハン食べて温泉入ってビール飲んで、16時30分には終了です。登りも下りもケーブルカーでいいなら、昼過ぎに来ても充分楽しめますよ。マジ完璧な休日でした。また行きたい。

そして麓の参道にはこんなほっこりするキャラクターが笑。 マジ元気貰いました。高尾山、ありがとう。また来ます。

高尾山の休日、こんな感じです!

新宿から1時間、観光も自然も温泉も楽しめる高尾山、本当に楽しいです。ちょっと疲れたときでも、友達とワイワイでも、カップルでイチャイチャでも、誰でも楽しめる高尾山。ちょっと週末にって感じで気軽に行けるので、是非行ってみて下さい。楽しいよ!

最後に高尾山に持っていきたいものですが、

着替えのシャツと下着と靴下。あとフェイスタオルと日焼け止め。

温泉を考えて行くなら、着替えは絶対持っていった方がいいですよ。やっぱり汗は結構かくので、着替えがあれば温泉の後もサッパリです。そして木漏れ日とはいえ結構日に焼けます。気になる人は日焼け止めもあるといいですよ。

服は動きやすい恰好でね!観光地とはいえそこは山、サンダルやデッキシューズだと厳しいです。靴はスニーカーでね!

もっと遊びたい!

ではでは、ジブアシでした!またね!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。