失恋マイスター

失恋マイスター・ジブアシがこっそり教える、失恋の奥義。

こんにちは。失恋マイスター・ジブアシです。

みなさん今日も元気に失恋してますか? してねーよ!っつか失恋してたら元気じゃねーよ!っていう意見は置いといて、失恋、つらいっすよね。わかります。わかりすぎます。

だって俺12年失恋してるからね。普通しないでしょそんなにずっと。でもいーの。忘れたくなかったんだもん。ずっと好きでいたかったんだよマジで。タマシイに食い込む出会いだったんだからしょーがねーだろ。

ってなわけで、俺が人に教えられる唯一のこと、失恋の奥義について今日は教えちゃいます。イエイ☆ その奥義とは・・・、

とにかく気をそらし続けろ。

これだけです。

えっ・・・、って思うよね? いや俺も思う。書いててマジでうわーって思うわ。そんな当たり前のこと? そりゃお前12年も失恋するわ。そんなん誰だってやってるわ!

でも本当にこれだけなんすよね。

ポイントは失恋を「乗り越える」ためじゃなくて、失恋を「維持する」ために失恋の痛手から気をそらし続けるということ。

なんじゃそりゃ。維持ってなんだよアホか。自分で書いててまたも「うわーっ」て思いましたよ。むしろキモイ。なんで失恋を乗り越える努力じゃなくて維持する努力をしなきゃいけないんだよ。もう一回言う。アホか。

でもそれしかできなかったんだよね。だって好きだったから、ずっと好きでいたかったんだよ。

いやもう気をそらすためにいろんなことしましたわ。旅行行ったりプール行ったり、本を読んだりマンガ読んだり、友達増やして山行ったりさ。もちろん新しい出会いに挑戦したこともあったよ。

でも駄目だった。

旅行先で新しい風景を見るたび、仕事明けできれいな夕日を見るたび、「あー、あいつと見たいな。見せてやりたいな」って思ってた。もちろん気は少しはそれるけど、それて穏やかになった気持ちがそのまま全部そいつに向かってた。しゃーないね。

だから言うね。失恋の本当の奥義は、「あきらめる」こと。

何をあきらめるの? その相手とのことかな? 自分の気持ちが届かないってことかな? ううん、違って、

それでもそいつが好きだってことを、受け入れるっていうこと。

そいつに届かなくても仕方がない。それでも好きだっていう気持ちを本当に自分で受け入れたとき、たぶん、なんか、新しい希望みたいなものが生まれるよ。そして意外にそれが、そいつのことを忘れるっていうことなのかもしれないね。

失恋をもっと癒す

じゃあ今日はこんな感じ!またね!ジブアシでした!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。