サウナ

ゆ家 和ごころ 吉の湯 芸術的な午睡を味わえる、杉並区の誇る完璧な露天風呂&サウナ

杉並区の成田東にある銭湯、『ゆ家 和ごころ 吉の湯』が本気でオススメです。ココの露天風呂とサウナと外気浴はヤバイ。マジで体が溶けて出られなくなります。

ゆ家 和ごころ 吉の湯の特徴は?

ここはねぇ、なんといっても露天風呂。これが町の銭湯か、っつーぐらい露天風呂が広めです。そしてその広い露天風呂には、

  • ぬるめの炭酸泉の湯船
  • 青森ヒバの湯が溢れ出るアツアツのつぼ湯
  • 90℃のサウナ
  • メンソール配合の16℃の水風呂
  • 外気浴用のイス4脚

が揃ってます。もう・・・、このラインナップが・・・、ヤバイ。

まず炭酸水に軽く浸かるでしょ? そしてサウナでじっくり汗を流して、火照った体をキンキンの水風呂で冷やす。その次はイスに座って空を見上げて、思う存分休んだらヒバの湯が溢れるアツアツのつぼ湯に。ヒバの湯で体に熱が戻ったら、少し休憩してまたサウナへ。もうこのエンドレス。ヤバイ。言葉にならないくらい気持ちいい。これを繰り返してると風呂を出るタイミングが全くつかめません。何度でも繰り返していたい、何時間でもここにいたい。そんぐらい気持ちいいです。

なんどか繰り返し入るうちに外気浴用のイスに座ってうとうとしてしまったんですが、これが、また・・・。

それはまるでルノアールの絵画のように淡い幸福に満たされた眠り・・・。

ってわけわかんないですね。つまり、

素晴らしいってことだ!!!

いやマジで。全然誇張とかじゃなくて、本気でそれぐらい気持ちいいんですってば!芸術的としか言いようがない眠りが全身を包んでたんですよ!これ、誰でも体験できると思うから本当にやってみてほしい。杉並区の銭湯でそんな眠りに触れられるとは・・・。人生ってすごい。

サウナは3時間の時間制限付きで、入る時はいくらなんでも3時間はいないよって思ってたんですけど、嘘みたいに余裕でいた。なんならもっと入っていたかった。とゆうかこの3時間の時間制限がなかったら本当にあと3時間いたと思う。昼間に行ってよかった・・・。

サウナ自体は90℃とぬるめなんですが、それがまた繰り返し入るにはいい温度。そしてカラッカラのドライサウナではなく、湿度がしっかり保たれてるから長くいても疲れない。これがたぶん魔法の源。何回でもサウナに入れるから、エンドレスが止まらないんですよ・・・。

ゆ家 和ごころ 吉の湯の特徴は? その2

そして吉野湯の特徴は露天風呂だけじゃありません。内風呂は木、日と薬湯になり、つぼ湯は水・土と麻布黒美水温泉になっちゃいます。あ、青森ヒバ湯は日曜だけみたいですね。俺、日曜に行ってラッキーでした。ヒバ湯がまた、いい香りがして気持ちいいんですよ。

そんでなんと整体まで受けられちゃいます。もうほんと、町の銭湯の域超えてますよ。

こちらがお値段。町中のマッサージ屋さんと同じか、むしろ安くないか? お風呂もマッサージも!って人は是非どうぞ。俺が行ったときはおばあちゃんが受けてて気持ちよさそうでした。

マンガの置いてある休憩スペースもあるので、出た後もゆっくりできますよ。

ゆ家 和ごころ 吉の湯 営業時間・定休日・料金・場所は?

店名 ゆ家 和ごころ 吉の湯
営業時間 13時半~22時
定休日 月曜(祝日問わず休業)
銭湯代金 460円
サウナ(入浴料混み) 850円(3時間)
特殊スキル 出られなくなるぐらい気持ちいい。
駐車場 3台
住所 東京都杉並区成田東1-14-7

地図はこちら

と、ゆ家 和ごころ 吉の湯はこんな感じで最高の銭湯です。

杉並区に住んでる人は全員行ってほしい。

杉並区じゃない人でも、機会を無理やりでも作って行ってほしいです。そんぐらい気持ちいいから!

終業時間が22時までと早めなので、行くなら早い時間がいいですよ。逆に開始は13時半からとこちらも早めなので、休みの日に昼飯食った後、昼間に行くのもオススメです。昼風呂&サウナはマジ最高です。

ではでは!ジブアシでした!

他のサウナも行ってみる

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。