保険を見直そう

ネオファースト生命・ネオdeいりょう 女の子に必要な保障だけじゃない!ガン保障もある女性疾病入院特約を知っておこう。

ネオファースト生命公式HPより ネオちゃんず

保険、見直してますか? たぶん面倒臭くて保険なんて見直してない人がほとんどだと思いますが、見直した方がいいですよ。なぜなら安くなるから。若いときになーんとなく入ったままの保険、見直すと意外や意外、結構安くなるんですよ。なんで!?って人は、まず下のページから読んでみてね。

ネオファースト生命・ネオdeいりょうはなぜこんなに安いのか?その理由を徹底解説!医療保険の切り替えを本気で考えよう!!

さて!今日は女の子の強い味方!女性疾病特約を見ていきましょう!これ、持ってる女子はかなり充実した保障が受けられますよ。

女性疾病入院特約って?

これはその名の通り。女の子特有の病気で入院したときに貰えるお金が増える特約なんだけど、

なんだけど!

すんません、まずこの「なんだけど!」ってとこを説明させて下さい。まず下の表が、保障される病気の例です。

上の2段、「女性特有の病気」はまあわかるじゃないすか。子宮筋腫とか卵巣嚢腫とか、女性しかならない病気ですよね。となりの「妊娠、出産に関わる症状」もわかりやすいですよね。帝王切開とか切迫早産とか、絶対に女性にしかならない症状。うん、わかる。だから女性疾病特約なんでしょ?

だがしかし!

下の2段に注目してください!

ん? ナニコレ? 女性に多い疾病? これも保障対象になんの・・・?

YES!なるんです!

ちょっと見て―、膀胱炎とか尿路結石も保障対象になってる。俺、尿路結石とかって男に多い病気だと思ってたよ。だって石が男のあそこから出てきてイタイイタイ!なんて笑い話よく聞くじゃん。だからてっきり男に多いのかと思ったら、女性に多いんですね。単に笑い話に男バージョンが多いだけだったのか・・・。

他にも胆嚢炎とか甲状腺腫とか、病名聞いただけじゃ「女性に多いの???」と疑問符が付くような病名も女性特約でカバーされてます。すげぇ。

そんでもういっちょ!

ガン!

乳がんや子宮頸がんといった、女性特有のガンはもちろんだけど、実はこの女性特約、

ガン全般も保障対象です。

え、どゆこと?

って思いますよね? 女性疾病の特約でしょー? 乳がんとか子宮がんはわかるけど、他のがん関係ないじゃん、って思うのが普通ですが、

ガンは全部保障対象。

なんです。マジか。

つまり女性疾病特約って、子宮や卵巣の病気といった女性しかかからない病気だけじゃなくて、女性に多い病気や、ガン全般にかかったときも保障がおりるんですね。これ、意外に知らない人多いんじゃないかな? だからガンの保障もお安く考えたいなってときは、もう一個ガン保険に入るのもいいけど、女性疾病特約を考えてみるっていうのも一案だよ。

それにメインの女性疾病についても、やっぱり安心です。

女の人って、子宮系の病気やっぱり多いんだよね。

若くても年を重ねてても、子宮の病気になる女の人って本当に多いです。デリケートな部分だから、病気にかかりやすいのかな? そんな時、主契約の入院給付金だけじゃなくて、女性疾病入院特約に入ってれば手厚い保障が受けられるから、女の人はやっぱり女性に向けた保障を持ってると安心ですよ。

女性疾病入院特約の保障って?

で、後出しになっちゃったんだけど肝心の保障は、上の図の通りです。対象の病気で入院したときに、入院日数×設定の金額がもらえます。これ、女性疾病入院特約で入院給付金をもらうと、

主契約の入院給付金はもらえないの?

って心配する人がけっこういるんだけど、心配御無用!

主契約の入院給付金も貰えます!

どっちももらえるから、わざわざ特約としてつけとく価値があるんですよ!

まとめ

女性疾病入院特約の保障は、女の子の病気だけじゃない!ガン全般と、女の子がかかりやすい病気も保障される!

この特約が適用されれば、主契約の入院給付金とWで入院の保障がされる!

ってこと!

子宮の病気って、女の人には本当に多いです。それに乳がんもやっぱり心配だよね。そんなとき、この特約に入ってれば女の子は安心。だって女の人のための特約なんだからね。保険の切り替えを考えるとき、女性ならガンの保障としても、女性疾病入院特約を考えるのは吉ですよ。今持ってる保険が女性疾病にどんな保障があるか、一度しっかり見直してみて下さいね。

ではでは!ジブアシでした!

特約を全部しらべる安い理由をしらべる

スポンサードリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。