阿佐ヶ谷

阿佐ヶ谷で暮らそう。大人のおしゃれカフェ・『ザグリ』がホントにいいぞ。大人のかき氷をお腹いっぱい楽しもう!

阿佐ヶ谷在住ジブアシでっす。

突然ですが、かき氷でお腹がいっぱいになったことありますか? 俺、このあいだ人生で初めてかき氷でお腹がいっぱいになりましたよ。ちょっと信じられない、というか思いがけない体験でした。だってかき氷ですよ? まさか、そんな、かき氷で腹が膨れるなんて想像しないじゃないですか!だって氷なのに!びっくり。

いや、これがおしゃれかき氷の威力・・・。インスタ映えもバッチリな上に腹も膨れるなんて・・・すごい。そして味も・・・うまい。俺、かき氷と言えばレモン!イチゴ!ブルーハワイ!だと思ってたのに、おしゃれかき氷がこんなにうまいとは・・・。ぐぅ、世界ってすごいね☆ 一体どんなかき氷かというと、

ぐお!でかい!手前が珈琲練乳、奥が桃のかき氷です。

大人の男の手と比べてみました。いや、写真がヘタであんまり伝わらないんですけれども!コレ出てきたとき「うわっ!」って思わず笑っちゃいましたもん。それぐらい大きいの。そして大きいだけじゃなく、もちろんうまい!おしゃれかき氷ってすごいね。子どもの味覚で止まってたかき氷の世界が一気に広がりましたよ。

桃のかき氷にかけるのは、もちろん桃のソースです。ゴロッゴロ乗ってる白桃の上に、さらに桃のソースをかけるなんて・・・。背徳。背徳ですよコレは・・・。なんて贅沢なんだ・・・。

トロ~っと。

トロトロ~っと。いやなんかもう、やらしいくらいかけちゃいます。だって俺、大人だもの。ケチらないでいいの。全部かけるの。むしろ「かけて!」って桃が騒いでるぜ。慌てんな桃、今ぶっかけてやるからな。

そして思う存分ぶっかけた後に桃と氷をスプーンですくって口に運ぶと・・・、

甘酸っぱ~~~い。

なにこれおいしい。俺、かき氷は、かき氷はブルーハワイが好きだって・・・言ってたのに・・・、

ゴメン!ブルーハワイ!!

めっちゃうまいや~~~~ん。なんだこれ、コレがかき氷か。大人。まごうことなき大人のかき氷。ブルーハワイが気心知れた幼なじみの女の子だとしたら、このかき氷は給仕として働いていた舞踏会で一目惚れした年上の貴婦人。俺には手の届かない淡い憧れだと思っていた人が、偶然の手に運ばれて今!俺の口の中に!もう一度言う!

ゴメン!!ブルーハワイ!!!

もう戻れないよ!

そしてこの手前の珈琲練乳ですが、これもまたうんまい!甘さがしつこくなくサッパリとして、こんなに大きなかき氷でも味に飽きることがありません。そしてこの珈琲練乳の秘密は・・・、

ラム漬けレーズンが中に入っている!しかもゴロッゴロと!ものすごいたくさん!

いや、これがホントにおいしいのよ。レーズンが歯に当たるたびにクニッとした食感があって、氷を食べる口を飽きさせない。だって氷って口の中で溶けるじゃん。そればっか食ってたらどんなにおいしくてもさすがに飽きそうなもんだけど、レーズンがあるから全然飽きないの。しかもジュワっとレーズンの中からおいしい何かが染み出てくんの。なにあれ? 恐るべしラムレーズン。ラムレーズンがこんなにうまいとは・・・。大人ってすげぇ。

そして気になるお値段は、桃のかき氷が1000円。珈琲練乳が900円。値段も大人!でも一回食べて見ると楽しいよ!

って、なんか変なレビューになっちゃいましたが、本当においしかったので阿佐ヶ谷に住んでる人は是非一度行ってみてほしい。阿佐ヶ谷じゃない人も、コレ食べに来るだけで阿佐ヶ谷来ていいと思うよ。うまいし。阿佐ヶ谷いい町だし。

で、お店はもちろんおしゃれ。

こんなフォントのタペストリーが飾ってあります。なんと驚いたことに、このお店『ザグリ』のマスターオリジナルのフォントだそうです。ザグリのマスターはカフェの他に総合デザインのお仕事もされているそうで、このフォントも販売されてます。カフェのマスターとデザイナーなんて、おしゃれを極めたみたいな生き方ですね。かっこいい・・・。こういう方面に興味のある方は、本当に一度覗いてみる価値ありますよ。

そして場所は、ココ!

阿佐ヶ谷駅北口からゆっくり歩いて6分くらいかな。今密かにおしゃれ通りとして成長しつつある、松山通り(旧中杉通り)の真ん中あたりにあるお店です。

住所はこちらです。
東京都杉並区阿佐谷北1-43-6。

ザグリのHP https://zaguri.tokyo/access/

営業時間は11:00〜19:00 
不定休なので、遠くから行く人はお店のホームページをチェックしてね。

ってな感じで、めっちゃ大人のかき氷が楽しめるカフェ『ザグリ』。かき氷は秋までの限定なので、気になる人は夏が終わる前にダッシュ!ですよ!

ではでは!ジブアシでした!
もっと阿佐ヶ谷を探検する。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。